東京駅~日本橋 お花見ウォーキング

東京駅八重洲口から、桜の名所 さくら通りを歩こう

さくら通りは、東京駅から茅場町まで、さくら並木が続くストリート。

若葉の季節にさくら通りを歩いたときに、
こんどは、サクラの季節に歩こう♪と思って、
4月7日に行ってきました。

はらはらと花びらが散り、葉ザクラ状態でしたが、まだ大丈夫!
十分はなやかで、キレイでーす。
画像














画像














大道芸人が、大シャボン玉を飛ばして、子供たちが大はしゃぎ。
画像














画像









通りにブルーシートを敷いてお花見しているなんて、ビックリ!
画像画像









わー、雪で作ったすべり台!
画像









正面の赤いテントは「日本橋高島屋」。
画像












名店・老舗がひしめく日本橋を歩こう

日本橋まで来ました。日本橋は老舗の多いエリアです。

メインストリートの中央通り周辺には、歴史的名建築も多く、見どころいっぱい。

「丸善」は、明治2年創業の書籍・文具の老舗。
3階にはカフェもあります。
画像









こちらは、この春オープンした「高島屋S.C.」。
画像










「日本橋高島屋」。この建物は昭和8年オープンし、2009年には
国の重要文化財に指定された歴史的建築物です。
画像















さくら通りは「日本橋高島屋」の脇を通って、茅場町へと続いています。
画像










こちらは、老舗の雰囲気ただよう穴子専門店「玉ゐ」(たまい)。
昭和28年に建てられた酒屋を改造して店舗にしたそうです。
お昼は過ぎていたけれど、行列ができていました。
画像

















この春オープンした、いま注目の「高島屋S.C.新館」へ

やっぱり、ここまで来たらオープンしたばかりの「高島屋S.C.新館」にも
寄らなくっちゃ。

1階エントランスには、まるでジャングルみたいに緑に囲まれた
スペース「イン ザ グリーン」が出現。
グリーンや雑貨のショップで、休憩スペースでもあるようです。
画像















そして1階には、代々木八幡の人気ベーカリー「365日」が手がけた
「365日と日本橋」も。商業施設初出店で、行列ができていました。
画像















2階にはアパレルショップ「トゥモローランド」の大型店、その隣は「ザ・ノース・フェイス」。
画像画像












5階には、オーストラリアの高品質スキンケアブランド「イソップ」が入っています。
曲線を描いたシンクと壁はヒノキでおおわれており、フローリングは花崗岩。
急速に近代化が進む東京を念頭にデザインされたショップなんだそうです。
画像画像













江戸御用商人の誇りが現代に受け継がれている商業の街―日本橋。

徳川時代から続く老舗から、海外の新ブランドショップまで、
その顔ぶれは多彩で、この街のふところの深さを感じました。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック