椿山荘周辺お花見ウォーキング

有楽町線 江戸川橋駅下車。

この駅からすぐの場所に、桜の名所 江戸川公園の入口が
あります。

この日は、4月5日。
サクラは散り始めててはいるものの、
とりあえず見頃ということで、お花見を楽しむつもりで来ました。


ソメイヨシノが見事な江戸川公園を歩こう

ここから、江戸川公園へ♪江戸川公園は神田川沿いに続く
細長い公園です。
画像


















水面に浮かぶ、薄ピンク色の花筏も美しい、、、。
画像









桜並木の遊歩道が両岸に延びる神田川。

かつてこの地域の神田川は江戸川と呼ばれていたそうです。

石のテラスや藤棚のあるテラスなど、さまざまな景観が楽しめ、
テラスでお花見を楽しむ外国人観光客もいました。
画像画像











川沿いにブルーシートを広げ席取りをしている人もいました。
(夜の宴のためかな、、、笑)
画像















画像画像











遊歩道から眺める、椿山荘と桜と椿。
昔は椿が自生していた一帯だったことから椿山荘と名付けられたということです。
画像
















椿山荘の脇には、急勾配の胸突坂。早稲田の学生アスリートが
トレーニングするほどの急坂です。見ているだけで息があがりそうなので、
ここは上りません。(笑)
画像



















美しい肥後細川庭園を散策しよう

細長く続く江戸川公園の遊歩道の、その先には、

肥後細川家の下屋敷を開放した、肥後細川庭園があります。

ここが正門。
画像











正門を入ると、松聲閣(しょうせいかく)という建物があり、
ここは旧熊本藩細川家下屋敷の学問所として使用されていたようです。
現在は、1階には喫茶室、2階には庭園が見渡せる回遊式の展望所となっています。
画像画像









そして、中門をくぐると、いよいよ美しい池泉回遊式庭園が見えます。
画像










江戸情緒が漂う洗練された庭園ですね~。
画像















山肌の一部が桜で色づいて、優しい表情を魅せています。
画像画像










大きな池、台地を山に見立てた変化のある眺望がすばらしい庭園です。
画像画像












森のような日本庭園が広がる椿山荘へ

さて、細川庭園をのんびり散策したあとは、椿山荘の庭園へ。

一般的には、椿山荘ホテルから入って、冠木門から出るのが
いいようなんですが、、、

私は、たまたま冠木門の前に来てしまったので、ここから入りま~す。
渋い、ひっそりとした門です。
画像









椿山荘の庭園は、こんもりと緑が生い茂って、いい感じ♪
画像










椿山荘は、南北朝の頃から椿が自生する景勝地で「つばきやま」と
呼ばれていました。140年ほど前に明治の元勲 山県有朋が邸宅を
築いた際に椿山荘と名付けたということです。

当時の景観が残っているような、自然な美しさが魅力的。



樹齢500年の御神木(椎の木)です。
画像














画像画像










池と桜。風流な風景です。
画像















ところどころに石仏、、、。
画像
















ほたる沢は、椿山荘の見どころのひとつ。
夏にはほたるが放たれるようですが、今は沢の水も不足気味のよう。(笑)
画像












椿山荘では約20種、120本の桜が順に見頃を迎えます。
画像















散策のコースを間違えてしまったのか、、、

ホテル棟ではなく、バンケット棟に行ってしまったせいで、
見どころのひとつ 三重塔を見たかったのに行きつくことができず、、、

何となくバンケット棟から、出る羽目に、、、。
画像












老舗ベーカリーのカフェで、ひとやすみ(^^♪

椿山荘の前にある、東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂にも
ちょこっと寄ってみました。

丹下健三が意匠を手掛けた教会で、
俯瞰から見るとよくわかるんですが、十字架をかたどった
斬新な建物が目を引きます。
画像
















画像


















そして、ここ目白坂で120年以上も続いている
フランスパンで有名な「関口フランスパン」のカフェでひとやすみ♪
画像









明治時代にフランス人の宣教司祭から伝えられた
製パン技術を今に受け継いでいる老舗ベーカリーです。

パンを選び、飲み物をたのんで、カフェスペースへ。
画像画像










イチゴのシューデニッシュとアイスコーヒーです。
画像









サクッとした生地とイチゴのクリームが美味しかった~。

今回、お花見しながら、ぶらぶら歩いて1万1994歩あるきました。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック