目黒駅周辺 お花見&寺社めぐり

4月12日、久しぶりに目黒駅で下車。

目黒川沿いでお花見(もう葉桜だけど)も楽しめるし、お寺や神社も多いし。
この辺って、けっこう見どころの多いエリアなんです。



行人坂を下って、大円寺、そして目黒川へ

目黒駅西口から、横断歩道を渡り、ホテル雅叙園東京へ一気に
下る行人坂。この急勾配はハンパない!

右側に、数々の芸能人が所属しているあの有名なホリプロが見えます。
画像















行人坂は、その途中に建つ大円寺に多くの行者が集まり住んでいた
ことから名付けられたということです。

で、その大円寺にも寄ってみました。

りっぱな山門です。
画像









画像画像











山門を入ると江戸初期の行人坂大火の犠牲者を追悼する
石造りの五百羅漢像が並び、それはもう圧巻です。
画像














画像画像











行人坂を下りきったところに、「ホテル雅叙園東京」があります。
今回は立ち寄りませんでしたが、館内を飾る美しい装飾は
一見の価値あり!

改装後は、訪れていませんが、和モダンな洗練された高級ホテルで
日本庭園を望む雅なロビーを備えています。

画像


















「ホテル雅叙園東京」の先には、サクラの名所 目黒川。
まだ、お花見楽しめました~。
画像


















酉の市で有名な大島神社へ

目黒川沿いのサクラを楽しみながら歩きました~。
画像









そして、
目黒川と目黒通りの交差地点に架かるのが目黒橋。
アーチ型のフォルムが素敵な橋で、水面に映るその姿もいい感じ♪
画像















目黒通りと山手通りの交差する角にあるのは、
江戸九社のひとつに数えられる大鳥神社。
画像









創建から1200年余り。室町時代の江戸図にも描かれている歴史ある神社です。

この神社の酉の市は、浅草と並び、江戸時代を起源とする祭事。
大鳥=大取りとして、商売繁盛・開運招福の神として信仰されています。
画像


















これは、立派。大寺院の風格漂う目黒不動尊へ

大鳥神社から程近い五百羅漢寺へ。「目黒のらかんさん」として親しまれたお寺です。
画像









元禄時代に彫られた羅漢像305体と木造釈迦三尊は
共に都の有形文化財に指定されています。
が、参拝自由ではないので、パス。なんとなく参拝しづらい感じ、、、。


で、五百羅漢寺を素通りして、目黒不動尊へ。
細い裏道を歩きました。お寺の案内板もあります。
画像















道しるべも。
画像











目黒不動尊に到着。実に立派なお寺です。
画像















江戸時代には有数の行楽地として親しまれていたそうです。
きっと、江戸時代からお花見の名所だったのでしょうね。
画像














サクラも見事に咲いていました。

男坂を上がって、大本堂へ。
画像画像









江戸五色不動のひとつにも数えられている不動尊は、
808年(平安時代)に創建されたそうです。樹木も多くて、実にいやされる~。
画像















画像画像











さて、目黒不動尊から、歩いて たこ薬師成就院へ。
本尊の薬師如来は、医薬の仏様として信仰されています。
画像


















桜のトンネルが続く目黒川を歩こう

サクラの向こうのお城のような建物は、
昔から有名なラブホ「目黒エンペラー」です。(笑)
画像
















水面に映る高層ビルも、風情があるな~。
画像











満開時を過ぎたとはいえ、キレイ。
画像画像










サクラの向こうは、「ホテル雅叙園東京」のアルコタワー」かな、、、。
画像
















八重桜も華やかに咲き誇って。
画像
















サクラを満喫したあとは、レトロな雰囲気の
権之助坂商店街をプラプラ。
画像

















は~、よく歩いたな~。

今回は、1万4857歩あるきました。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック